景観・埋蔵文化財への配慮

事業内容
景観・埋蔵文化財への配慮

景観・埋蔵文化財に配慮したパネル設置

景観・埋蔵文化財に配慮したパネル設置

パネル設置において耐震性能や安全面を保持できる構造計算のうえ、埋蔵文化財への影響を及ぼすことのないよう置き基礎としています。原状へ復する際の土地への影響も最小化します。
パネルの高さを約1.3mにおさえ、周囲に植栽や城柵を施すことにより、施設外からはこの太陽光発電所が極力見えないよう計画し、吉野ヶ里の景観をくずさないよう配慮しています。